スマホデビューなら日本語入力はSIMPUT®キーボードが使いやすい

SIMPUT powered by FSKAREN

〜シンプル・明快・覚えやすい〜

SIMPUT®の使い方がよくわかる!

オンラインマニュアル

PDFダウンロードはこちら

SIMPUT® の設定手順

手順1

「FSKAREN」のアイコンをタップしFSKARENユーティリティを開きます。

手順2

「言語とキーボードの設定」ボタンをタップします。

手順3

「FSKAREN 手書き入力」、「FSKAREN for ZTE」、「SIMPUT powered by FSKAREN」の3つをタップし有効にし、バックキーで戻ります。

手順4

「入力方法の選択」ボタンをタップします。

手順5

「SIMPUT powered by FSKAREN」を選択し、バックキーで戻ります。

SIMPUT® での文字入力

日本語の入力方法

ひらがな入力の方法

ひらがな入力方法

キーボードの左側にあかさたなが表示されます。母音を選ぶと右側に子音の文字が表示され、選択して文字を入力します

拗音を含む文字の入力方法

拗音を含む文字の入力方法

右側のキーを押したまま斜め方向に指をすらせて、「きゃ」を入力します。

濁音を含む文字の入力方法

濁音を含む文字の入力方法

濁音のある母音は、左側のキー2回押すと、濁音母音の入力ができます。

ローマ字入力の方法

ローマ字入力の方法

ローマ字入力の方法

キーボードの上の行にある[abc]のボタンを押すと、アルファベットキーボードが表示されます。

拗音を含む文字の入力方法

大文字・小文字・記号の入力

キーを押したまま上方向または下方向に指をすらせて、大文字や記号を入力できます。

数字・記号の入力方法

数字入力の方法

数字入力の方法

キーボードの上の行にある[123]のボタンを押すと、アルファベットキーボードが表示されます。

記号文字の入力方法

記号文字の入力方法

キーボードの上の行にある[♥^_^☆]のボタンを押し、記号のボタンを押してください。

絵文字入力

絵文字の方法

絵文字の入力方法

キーボードの上の行にある[♥^_^☆]のボタンを押し、絵文字のボタンを押してください。

顔文字入力

顔文字入力の方法

顔文字の入力方法

キーボードの上の行にある[♥^_^☆]のボタンを押し、顔文字のボタンを押してください。

定型文での入力

定型文章の入力の方法

定型文を使った入力方法

キーボードの上の行にある[Menu]のボタンを押し、[一覧表示]の[定型文]を選択してください。

SIMPUT® 以外への入力方法の変更

SIMPUT® 以外での入力も可能です

キーボードの変更

SIMPUT® 入力の他に4つの入力方法があります。お好みやシーンに合わせてご利用ください。

入力方法の変更方法

キーボードの変更

キーボードの上の行にある[Menu]のボタンを押し、[キーボード]または[手書き入力]を選択します。

SIMPUT® 画面の設定

キー入れ替え

キー入れ替え

キーの左右入れ替え

母音と子音の入力部を左右反転させる設定が可能です。お好みに合わせてお使いください。

母音押下モード オススメ!

母音押下モード

母音押下モードの設定

母音の[あ]の文字が常に選択されている状態に設定することができます。お好みに合わせてお使いください。

変換広報行数

変換広報行数

変換広報行数の設定

文字入力中に表示される、変換候補の文字は通常1行のみ表示されますが、2行または3行にも変更することができます。

サイズ変更

キーボードの高さ変更

キーボードの高さ変更

キーボードの高さを変更できます。お好みに合わせて調整してお使いください。

各種設定

フリック感度

キーボードの変更

斜め方向や上下方向にすらして入力する、フリック操作の際の感度を設定できます。お好みに合わせて調整してお使いください。

チュートリアル

キーボードの変更

簡単な操作方法のマニュアルです。

ちょっと便利なユーザー辞書機能

ユーザー辞書とは、利用者が独自に変換辞書を登録できる機能です。頻繁に使う長文や辞書で変換できない単語などがある場合は、登録しておくと便利です。以下に、順を追って登録する手順を説明いたします。

(1) 単語登録画面を開く

単語登録画面を開く

キーボードの上の行にある[Menu]のボタンを押し、[辞書設定]のボタンを押してください。次に、(+)のボタンを押してください。

(2) 単語を登録する

単語を登録する

単語の入力欄に、変換後に表示される文字を入力します。見出し語に、キー入力時に候補にするための先頭の文字を入力します。

(3) 辞書へ変換する

辞書へ変換する

画面左下の[変換]のボタンを押します。

(4) 辞書を有効にします

辞書を有効にします

戻った画面で[Menu]内の[ユーザー変換辞書]を開きます。登録されているユーザー変換辞書にチェックを入れて、[閉じる]を選んでください。

(5) 見出し語を入力

見出し語入力

「いつ」と入力してみると、先ほど登録した通りに、変換候補に単語が表示されてきました。候補の単語を選びます。

(6) 無事入力できました

無事入力できました

このように登録されていない単語を登録しておくと、いざと言う時に入力が便利になります。

設定の リセット

学習リセット

辞書のリセット

キーボードの上の行にある[Menu]のボタンを押し、[学習リセット]のボタンを押してください。入力変換で学習した変換候補の設定状態がクリアされます。

すべてリセット

すべてリセット

キーボードの上の行にある[Menu]のボタンを押し、[設定リセット]のボタンを押してください。すべての設定状態が標準状態となります。